ハズレですわ

「とと姉ちゃん」
面白くなかったですわ
「朝が来た」と同様に
この近代日本に一石を投じた女性なのか
と思ったのですが

images[1]


あささんとは
似ても似つかぬ主人公で
原作脚本がつまらないのだと思うのですが
日常の風景ばかりを
クローズアップしてばかり


へたな
漫画を見ているようで苦痛でしたが
それもあと少しで終わると思えば
ホッといたしますが



なんで
じゃぁ見てるのと聞かれれば
NHK視聴料はらえど
見るものがニュースと朝ドラ
それに海外ドラマだけですからね



チョット我慢して
面白くなくてもみてしまう
Mだわ
NHKさん
見ない権利国民に与えてはどうでしょうね??



ぐちばかりこぼしても
しようがない
エッと
今うちで日々これに助けられている
もの
それは掃除道具ですが




ご存じですか
クイックルワイパー

qkl_quickle_00_img_l[1]


耳に馴染みのよいこの道具
うちでは
掃除機あるからまぁいらないかと
おもってましたが



いつも
電気に頼らず
手元に置いて
四角い頭がなんと
床面数センチのところでも
スイッスイッと入りますのよ



そんなことご存じでしたでしょうけどね
掃除機でこの隙間を吸い出そうとすると
ノズルを替えて
またやり直し
これがめんどうで



掃除や料理の家事などは
片手間にちょいちょいっと
やらないと
面白くないですから



その時間も
できるだけ
オ~~~~~ッと
楽しめるようにしたいですわ
どうせやるならね





 医療情報へ


24時間TVを

見ていると
大して泳げなくても
船で伴走してくれて
仲間の応援があって
一丸となって
海峡を渡る




ウラヤマシ~~~~~
やってみたい~~~~
(できもしないくせに)
と思いましたわ。




ドーバー海峡横断が有名ですが
なんと
横断どころか
折り返しを試みた方がいらっしゃいました。



少なくとも
200万という金額がかかるそうで
トライは一度ッキリと
決めていらしたそうです。



そして
まだ夜も明けない中
必ず海岸に立ち
スタートするそうです。



背中に二か所
照明を点け
身体には体温が下がらないように
クリームを塗りたくり
ドーバーは夏でも
水温は19度(サムッ 冷たい!!!!)
プールは29度~31度くらいですわね。




必死に
ガンバッテも
この日の潮は
彼に味方してくれませんでした。



フランスの岸に着いた時点で
折り返しは海流、風の強さの為
断念せざるを得ませんでした。
オツカレサマデシタ



単独
ドーバー横断というだけでも
驚きですわ





 医療情報へ


映画

このステキなもの



チビの頃は
地方出身のワタシは
映画館で
怪獣映画をよく見せられました。

cap00280[1]


円谷プロ
ご存じですかね
(ア~~~年がバレルワ...)
全盛期ではないかしらん
夏休みなど
何故か全校生徒が映画館に
勢ぞろいしているような気がイタシマシタワ



でも
ワタシが好きだったのは
洋画




年の離れた姉が
何を思ったか
離れた映画館にワタシを連れて行った
その映画は
メッチャ長編



吹き替えではなかったと記憶しますが
どこかへ連れて行けといった以上
文句を言えず
見きった覚えがあります。



その映画のタイトルは
「Gone with the Wind」

gonewind[1]



スカーレット・オハラの強さが
小学校の低学年のワタシの脳に
くっきりと焼き付きました。



そして
家族で海水浴に行った帰りに
みたのが
007




前ぺージでM役を最近の作品で
ジュディ・デンチさんが演じましたね。

12345.jpg


アメリカ映画は
最初の10分で客の心を掴むというのが
鉄則だそうです。
だから子供にもわかりやすい
(007は英国製ですが)



小さいワタシの頭は英語が鳴り響き
ブラウン管の向こうに映る
「奥さまは魔女などのドラマと相成って
海外はスッゲ~~~~~~~



などと
信じたものでした。
映画って
素晴らしい


何故か
自分の心を締め付けるような
苦い思いや
苦しい気持ちや


なにも面白くないという
ネガティブな気持ちを
ほんの2時間
忘れさせてくれるから



その
後遺症は
人によりさまざまですが
ワタシは海の向こうの文化がスゴイカモ
と本気で思いかけたことでしたわ
matrix388-2[1]



日本こそが
本当は
世界に誇れる文化
素晴らしく
海外で人気がある(そうですわ)
人がひしめく安全で便利で
美しい国
だそうです。



ワタシの大好きな
映画のひとつが
マトリックス第一作がありますが
ワシャウスキー兄弟(監督)も日本の
作品に刺激されて
作ったそうですからね




 医療情報へ


これ以上

登場人物も少なく
撮影場所も
主人公の居室とバルコニー
という地味な映画は
ないかも??



心配なほど
最初の10分は
我慢の子ですわ。



でも
ワタシはこれほど
ほっこりと
して
なんだかこの先ホントにどうなるの??
と心配になる
そんな上質な映画
見あたらないですわ。



主人公のほっぴーさんは(ダスティン・ホフマンさん演じる)
初老の紳士
エレベーター付きのアパートメントに住んでますが
小さな小さなバルコニーをお花で埋めるのだけが
趣味の男性



そこへ
ある日
シルバーさんというグラマーな熟女が越してきます
エレベーターでバツの悪い思いをしますが



ホッピーさんは彼女に一目ぼれ




なんとか
彼女のハートを射止めたいと
シンジラレナイような手を打ってでます




もっと書きたいのですが
このストーリーだけは
話すのは野暮ですわ



人の幸せは
人といる幸せは
手を伸ばせば
話しかければ
勇気を持って前にでれば
なんとかなる?

ならないか?

photo1[1]



ホッピーさんに
対する
マドンナ
シルバーさんを演じるのは
007のM役を演じた
ジュディ・デンチさん

127649841366916311046_judidench2[1]



エ~~~~?と
思った方
名優がそろうと
ステキな映画が
できるのですわ



タイトルは
「ステキなうその恋まじない」



お時間がある方
見てくだされ




 医療情報へ


アントマン

大型台風が
迷走をして
100年ぶりという
コースをとったために
被災された方達が
一日も速く
日常をとりもどされますように
亡くなられた方のご
冥福をお祈り致します。



お蔭さまで
こちらも都心の友人も
何事もなくおりますが




どちらさまも
お変わりがなければと思います。
うちも
夏の暑さの疲れも癒えぬうちに
雑多な物事に追われる日々でありますが




そんな日常で
WOWOWから配信される映画を
とりためてみるのが
唯一の楽しみと化している
海ッペリですわ
(海水浴行ってません....)




今回
ながらで見てましたが
オモシロイ!と
思いUP致します。



変身ものはちょい
苦手
なのですが




これは
ストーリーが
米ソ冷戦の最中
カーク・ダグラスさん演じる
ヘンリー・ピム博士とその妻が
世界を救うという
スケールの大きさ
(ア~~~ネタばれてしまった)




それに
アメリカ特有の
夫婦間家族間の
問題など盛り込み
生活苦の主人公
スコットが
(ポール・ラッドさん演じる)
ひょんなことから
ヒーロー
アントマンになります。



でも
ヒーローとはたぶん
人知れず活躍するもの
そういうものなのかもと
今回思いましたわ。



そして
アリが好きになりますね
見終わった後に





 医療情報へ


フリーエリア
フリーエリア

QRコード
QR